ネットゲーム放浪記

アクセスカウンタ

zoom RSS RFオンラインZ 63

<<   作成日時 : 2007/12/02 23:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

前々から調子の悪かった体調が、ここに来てとんでもない事になりました。
起きていられる時間が、あまりありません。
こんな事ではとてもじゃないですが、ゲームに時間を割く事もままなりません。

起きていられないので寝転がっている訳ですが、重い頭を抱えながら苦しんでいるにもかかわらず、頭に浮かぶのは様々な問題ばかり。
病気以外でも、頭の痛くなるような話です。
基本的に、誰かに頼って生きていては自分が苦労する訳です。
それでも、頼られるのも頼るのも、人である以上はない訳ないのです。
人は一人では生きてはいけない。
それと、人への責任転嫁はまた別の話。
結局、生きるも死ぬも、人は一人なのです。

そんな訳で、だぁれもいない所で、ひっそりと戦っています。
(どんな訳だ?)
画像

PKの発生率と、敵を奪い合う事になる率の高い、私にとってトラウマの一つでもあるこの場所。
仲間と遊びたいのは山々ですが、長く遊べなくては邪魔になるし。
仲間が居る同じ場所に行くのも、邪魔になるし。
人がいない時を見計らって、細々と自分自身を上げに行っているのです。
頑張ってる姿を見られるの恥ずかしいし。
頑張ってるから邪魔しちゃ悪いって思われるのも、悪い気がするし。
皆がいる時には、なるべく皆の為に時間を割きたい。
要らないって言われたら、自分がしなければならない事に専念しますけれど。
そうしたプレイが、私がゲームの世界で過ごしているスタイルなのです。
要らないって言う人の傍には居ないけれど、必要って言ってくれる人の為なら出来る事を何でもしよう。
それが、私がゲームをする上で選ぶ職。
回復職です。
そんな遊び方は良くないって言われますが、それこそ、私が好きでそうして遊んでいるので、ダメと言われても困っちゃうんですねー。

防御熟練が低い私は、強いパーティに入れてもらえても、足手まといになってしまいます。
なので、
画像

近接装備をして、恥ずかしいからコソコソと戦ってます。
あぁ、PKとかに遭いませんように・・・!
もっぱらのお相手は、
画像

このお方。
45レベルになった人に大人気のアサビルのように、クローラーの森のクローラーレックスは40近辺のレベルの人には欠かす事の出来ないお相手なのです。
でも、クローラーの森にしかおらず、しかも、個体数も少ない
これが、一番辛い所。
ギルドの中で役に立てるように熟練を上げるのも大事ですが、その行動によって他者からギルドマスターにクレームが入るのもダメな訳で。
その辺りの匙加減と言うのは難しいの一言につきます。
何せ、私のせいでギルドの悪評が流れたら、どうしたら良いのか考えもつかないですから。

限られた時間の中で、得られる熟練は
画像

画像

こんな感じです。
細々とした活動なので、なかなか熟練も上がりません。
様々な所に迷惑をかけながら遊んでいるのだなぁ、と嘆息せずにはいられません。
それでも、弱い私がいるからこそ、迷惑をかけているのではないか・・・。
負担になるまいとは考えていますが、そんな思いさえ負担になっているんじゃないか。
マスターと度々そんな話をしていると、マスターの人には見せまいとしている気苦労が。
みんな、リアル事情を抱えて遊んでいる訳で。
苦労する為に遊んでいる訳ではないのに、どうしてゲーム内で諍いが絶えないのかな。
私は諍いをしてるつもりはないのですが、譲れないものがある場合には悪いなぁとは思いながらも、自分から折れる事はしたくありませんし。
チャットをつまらない物にしない為に、自分の心が折れてしまう前に、ログアウトするくらいしか方法が私には見付かりません。
せめて、マスターの心の憩いになれれば、支える柱の小さな一つになれればな、と思ってギルドに入ったままになっているのですが、同じ事が繰り返されるのだろうと思うとログインする気持ちが湧きません。
遊び方、楽しいと思う内容って、それぞれ違うと思うんですけど、ね。

さて、コツコツと育っている通称ナルも、
画像

目指す45レベルが間近になってきました。
(もう、数ヶ月前の話ですが・・・)
何故45レベルを目指しているかと言うと、38レベルの杖と、45レベルの杖しか持っていないから、なのですね。
40レベルで熟練度も低いキャラが38の杖でコツコツと戦っていては、すぐ負けてしまいます。
しかも、時間のない皆がレベル上げに付き合ってくれる。
熟練上げは、一人で苦しめば良いのです。
そうして、通称ナルの熟練は
画像

こんな感じ。
遠隔は上げられないので、近接やフォースもそれなりに上げているつもりだったのですが、上級者にしてみれば、あまりに育っていない、らしい。
自分なりに楽しめる範囲で、愛着を持って育ててきたキャラなので、人からダメ出しを受け続けていた私の心を、どうか察して欲しいと思います。
ダメなのは、もう分かったから・・・(涙)。

2ndキャラの通称リィも、レベル35まで育っていたのですが削除しました。
話を聞くと、とてもじゃないけれど、外に出すような上手な育ち方じゃないらしかったので。
レベルが上がってから熟練度を上げるには時間的余裕もないですし、2ndを育てる間に1stを育てろ、と。
同じ人にダメ出しを受けた訳です。
なので、近接の彼女は今は居ません。
だぁれも知らない所で、一からやり直したいと思った時に、また生まれるかも知れません。

初期のRFを知っている人は、自分達はかなり苦労をした、と教えてくれます。
それは、今のゆとりある遊びから入った私には一生分からない苦労なのだと思います。
察する事も出来ないでしょう。
だからこそ、それを乗り越えて残っている方達は、様々なサポートをしてくれるのだと思います。
もっと良くしていこうと。
もっと楽しいゲームになって欲しいと。
それでも中には、自分はもっと苦労したのだから、ゆとりある遊びをしているんじゃない。
そう立腹されてるプレイヤーもおられるのでしょう。
それも、後で辛い思いをしないように、との気遣いなのだと。
どっちがどう、とは言いませんが、何を後続に伝えていくかは、それこそ言葉態度でしかなく。
自分の言動の意味や伝えたい内容を100%相手に理解してもらえる事なんてあるハズはないのです。
なるべくなら、何も問題もなく、ただ楽しく遊べる。
それだけで良いのですが・・・。

ま、なるようになるかも・・・?

(C)1999-2007 CCR Inc. All Rights Reserved.
(C)2007 GameOn Co., Ltd. All Rights Reserved.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
考えてみたら・・・わしもその人と同じ事をナルさんに言ったかも><;
ナルさんが防御あげイベしてくれた時、に「双子でやらない?」とか・・・アサビルPTの時に「ヒールしてくれなくていいから、あげたい熟練あげてねー」とか言っちゃった覚えがある・・・
わしには前、Lv45のHcの友達がいたんだ^^;いい人だったのに、メイ○ンから何回も同属PKされて辞めてしまったんだが・・;;
その人は自殺の仕方も知らないのに、Gメンに誘われるままババPTにヒール役として連日行って、あっとゆーまにLv45になっちゃって・・熟練がスカスカで、でもアサビルソロじゃ死んじゃうしクローラじゃ25しか入らないし・・で悩んでたんだ^^; で、いつも一緒にアサビル叩いて(わし、タウントあるから、一緒にやればその人は死なない)少しづつ熟練あがると、無邪気に喜んでくれたんだ^^;
その人と通称ナルさんが重なって、勝手に「通称ナルさんも熟練あげたいだろーな」って思ってた;;ごめんよ〜〜;;
・・・それと話かわりますが・・・今、Gは存続のピンチです;ここでは詳しくは述べられませんが、お知らせしときます。。。><
カニ
2007/12/03 11:50
こんばんわです。
カニさんには、熟練上げの時にはタウント等で負担をかけてしまうだろうと思うと、ヒールせずにはいられないだけなので、お気になさらず!
ただ、大勢だとやっぱりヒールせずにはいられなくなるので、今度は二人の時に是非是非お願いしたいです。
Gの話は多少聞きました・・・次に何かあったらマスターは耐えられないとは思っていたので・・・その時に立ち会ってない私は、何も言えないのかも知れません・・・申し訳ないですTT
さくら
2007/12/04 01:13
その後、体調はいかがでしょうか?お見かけしないので心配ですが、体が1番大切なので大事にしてください><
たかがゲームなので完全復調したら、また楽しく遊びましょう^^ わしもシルマイなので誰かのためにタウントしたくてうずうずしてますw
カニ
2007/12/05 10:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
RFオンラインZ 63 ネットゲーム放浪記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる