ネットゲーム放浪記

アクセスカウンタ

zoom RSS RFオンラインZ 71

<<   作成日時 : 2008/01/08 23:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

正月が終わり、やっぱり忙しい毎日に戻ってしまいました。
キチンと休めると体調も良いのですが、休めないとダメですね。
仕方ない事と言うか、普通、な事ですよね。

さて、今回はまずはこの写真から!
画像

経験者は、すぐに何をしようとしてるのかがお分かりかと思います。
一度、なけなしの15mで挑戦し、見事玉砕してから随分経ちました。
何せ、金策をする暇もないので1m貯めるのも実は大変な時期があったのです。
そのレベル帯が40〜45の時。
45になっても10mの貯金は有りませんでした。
ギルドに入ってから、だんだんと貯蓄が増えて行きようやくマントに1回挑戦出来る金額を手にする事が出来たのです。
45レベルになれば、周りも次々にマントを着用していき、聖戦やPB討伐等では足が遅くて置いて行かれる事が増えていく。
断腸の思いで挑戦した際に失敗した時、楽しみにしているのを周りの人は知っていて、迷っている(マントに挑戦すればほぼ無一文)のも知っていて。
だから失敗したら引退するんじゃないかと心配され。
そこまでショックは受けてないつもりではいたのですが、数日は遊ぶ気になれないくらいでした。
その時のギルドマスターが「ギルド資金でマントを作ろう」と発言してくれました。
甘えてしまえばとても楽です。
でもそれは私のマントではないでしょう。
他のメンバーも反対していましたが、言われるまでもなく、マスターの立場を守る(一人に贔屓してしまえば、全員をまとめる事が難しくなるでしょう)為にもお断りしました。
それでも気にしてもらって、レベル上げPTではアイテムを拾わせて貰ったり、暇な時に金策に付き合ってくれたりして。
それが、今では(私もですが)この時のギルドからは去ってしまわれた方です。
これすら甘えだと言われてしまえばそれまでですが、それでも嫌々付き合って貰っていたなら申し訳ない限りですが、せめてこの時間は楽しんで貰おうと話したり、回復に努めたり。
この人達の為になら、自分は何でもしよう。そう思ったのです。
だからこそ、あの人に「他の人は何もしてないって言うのか」と言われた時、「少なくとも貴方には何もしてもらってない」と言いたかった。
貴方には、人をけなす権利なんてないんだって言いたかった。
言ってしまえば引き返せないから言わないけれど、あの人は平気で人の心を踏みにじる言葉を発言してるようにしか思えなかった。
感傷だって言われればそれまでですが。
あの人達の居なくなったギルドに残る理由は、それこそ私には見出せなかったのです。
このマントを見る度に、私はその事を思い出してしまいます。

さて、そんな訳で、気力を振り絞って英雄(ビハンマーさん)の前に立ったのが、最初の写真です。
この日、ベラート連邦はエラン遠征日でした。
つまり、隣の広間では高額取引(オークション)が行われている訳です。
ギルドメンバーも多く参加しているようでした。
結合アイテムを全て並べ終え、内容が合ってるかどうか真ん中のボタンをポチっと押すと、
画像

これだけの金額をビハンマーに払わなければなりません。
しかも失敗すればアイテムすら奪って行くのです。
・・・英雄よ・・・そんなにアイテムやお金を得て何をしているの?
そんな確認をしている時に、ギルチャで声をかけられて思わず押してしまったEnterボタン!
わーーー!と思った時には時既に遅く・・・。
成功するようにと祈る間も無く・・・。
画像

ひょっこり現れるマント。
当然あるハズだと思っていた感動も何もあったもんじゃない。
むしろ、やっちゃったーーー!
オークション中にこんなログを流すなんて、なんてKYなっ!!
もう、そればかりでした。

せめてもの救いは、完成した時にOKを押さなければまだバックパックに入らない為ログも出なかった事。
本当に焦りました。
70%くらいは出来ないだろうと諦めていたので。
しばらく無言だったのは、Enterが押せなかったからなのです。
その節はすいませんでした。

オークションが終わるまで待とうと思ったのですが、オークションが終わる気配もなく。
一息ついた(アイテム整理か何かでチャットが止まってた)時を見計らって、OKをポチ。
画像

めでたく、こんなマントが
画像

私のバックパックに入りました。
でも、22m(失敗分の15mとその時なくなったアイテムも)払わせておいて、報酬ってどうなんだ?と思わなくもないのですが。
ログが流れた瞬間、みんなからお祝いの言葉を頂きました。
ありがとうございます&ご心配おかけしました。
みんなとRFで出会えて良かったと、心から思います。

かくして、
画像

マントを手に入れた通称ナルですが、エラン遠征では重さ軽減の為マント着用不可だし、ちょっと前までは聖戦でもマント着用不可になってたりして。
こんな紆余曲折あったマントなのに、今ではすっかり
画像

手持ち品の1つになってしまってるのでした(苦笑)。
(しかも、遠隔熟練度も上がってきたから、普通の移動くらいならマント使わなくても置いて行かれなくなったしw)

ま、なるようになるかも〜

(C)1999-2007 CCR Inc. All Rights Reserved.
(C)2007 GameOn Co., Ltd. All Rights Reserved.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
んだね〜マントって持ってない時は欲しくてたまらないのに、手に入れてみたら使うことなんかあんまりないよね〜
なけなしのお金で作った時の緊張感、思い出しました〜 一気に15mとか22mとか無くなるのは悲しい〜〜;; でも・・慈悲靴作りに失敗しまくりで、すでに80〜90mは消えてるカニでした〜;;
カニ
2008/01/10 09:45
最初の大金が消える瞬間がマントで、その後は強くなる為の装備を整える為にちょくちょくまとまったお金が消えていきますよね・・・。
始めた時から思ってはいたのですが、RFの物価って高いなぁと思ってしまいますTT
さくら
2008/01/13 09:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
RFオンラインZ 71 ネットゲーム放浪記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる